新宿泌尿器科の記事一覧 - 新宿駅周辺の泌尿器科 3選ガイド

HOME » 新宿泌尿器科

新宿泌尿器科

女性に多い膀胱の不調は膀胱炎?

女性に多い膀胱炎

膀胱の不調としては、膀胱炎・過活動膀胱・前立腺肥大症などがありますし、生まれつきの尿道の変形や脊髄・神経の病気が原因になるものもあります。

膀胱は泌尿器のひとつで排泄といった重要な役割を持った臓器ですが、下半身に関する不調は何となく人に相談しづらいです。

しかし、不調を放っておくと病気が慢性化してしまうこともあるので、膀胱など泌尿器の不調が感じられる時には、早い段階で泌尿器科を受診し検査することをおすすめします。

膀胱の不調の中でも多いのが、細菌が膀胱の中で繁殖し膀胱の粘膜に炎症を起こす膀胱炎で、圧倒的に女性に多い病気です。

≫ 『女性に多い膀胱の不調は膀胱炎?』

性的行為を活発に行う若い世代に多くみられる尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは?

ヒトパピローマウイルスの感染で生じるイボの一種が尖圭コンジローマで、性的行為を活発に行う若い世代に多くみられる症状です。
男性も女性も主に性器の外側にイボができることが多いのですが、このイボ以外の自覚症状がなくて潜伏期間が長いために、性感染症に気付かず過ごすことが多くあります。
その為に、気づかないうちに性的行為により感染が広がってしまう危険性があるので、疑われる時は泌尿器科などで早期の診察・検査を心がけることが大事です。

発症する原因はヒトパピローマウイルスの感染で、主に感染した方との腟性交・アナルセックス・スキンシップなどの性的行為でうつります。
極稀に、小さな子供が両親や医療従事者と接するなかで感染することがあって、出産時にお母さんから赤ちゃんに感染することで、のどにイボができることがあるのです。
原因となるヒトパピローマウイルスは遺伝子の型で、子宮頚がんなどの原因となる可能性があるハイリスク型とローリスク型があります。
尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスの6型と11型のローリスク型により発症するのです。
≫ 『性的行為を活発に行う若い世代に多くみられる尖圭コンジローマ』

性行為で感染する尿道炎は性感染症に含まれる

尿道から膿が出るのは

尿道口から膿が出る症状は、病原菌が尿道から侵入して粘膜に感染することにより尿道炎を起こしているのが原因です。

出てくる膿は、炎症が発生した部位が化膿して生じる黄白色か黄緑色の不透明な粘液で、主に白血球と血清で他に壊れた組織や死んだ細菌などが含まれています。

尿道から出る膿の状態は大きく二つあって、ひとつは色が濃く多量に出る状態で、もうひとつは色が薄く量も少ない状態です。

性行為して2~7日の潜伏期間後に尿道から濃い膿が多量に出て、排尿痛が強い場合は淋菌による尿道炎が疑われます。

一方、1~3週の潜伏期間後に尿道から水っぽい薄い膿が少量出て、軽い排尿痛の場合はクラミジアなど淋菌以外の病原菌による尿道炎が疑われるのです。

≫ 『性行為で感染する尿道炎は性感染症に含まれる』

性器カンジダ症が疑われる時は泌尿器科を受診

性器カンジダ症の原因

真菌の一種のカンジダ属で生じる性器カンジダ症は性器感染症のひとつで、腟と外陰双方の感染が多いことから、一般的に外陰腟カンジダ症と呼ばれています。

5人に1人の女性にカンジダ症が発症すると言われていますし、20代での発症が多くみられ年齢と共に感染率が軽減すると言われているのです。

男性の感染の場合は症状が発生しないことが多いですが、包茎・糖尿病・免疫力が低下している方にはみられることがあります。

健康な人の皮膚・口の中・消化管などにカンジダ菌は存在する常在菌で、免疫力や腟の内部にいる常在菌の作用で、通常は異常に増殖しない状態が保たれているのです。

しかし、免疫力が低下する状態や腟内環境の変化、または腟内の常在菌が減少する状態が生じると、カンジダ菌が異常増殖して性器カンジダ症の発症につながります。

≫ 『性器カンジダ症が疑われる時は泌尿器科を受診』

その体の不調はスギの花粉が原因かも?

春に見られるスギ花粉症

実は約8割の人が遺伝的にアレルギーを起こす体質で、その証拠に日本人の4人に1人は花粉症といわれていますし、誰でも花粉症になる可能性があるのです。

特に花粉症以外のアレルギーのある方やその親族は、スギ花粉などによる花粉症になりやすいと言われています。

スギ花粉症は、原因となる抗原のスギ花粉が体内に侵入すると、免疫細胞が花粉を異物と判断して、抗体を作ってアレルギーを起こすために発生するのです。

ちなみに、春の日本人の花粉症の約7割が早春から飛散するスギ花粉が原因で、冬の乾燥した冷気で鼻やのどの粘膜が弱っているため、花粉が粘膜に付着しやすく症状が出やすくなります。

≫ 『その体の不調はスギの花粉が原因かも?』

女性の膀胱炎

女性の膀胱炎

女性にとって膀胱炎は身近な病気となります。
これは膀胱で炎症が起きる病気になり、排尿痛、頻尿、残尿感、尿の白濁、血尿などの症状が現れます。
家で寝込むような症状にはならない場合が多いですが、トイレのたびに痛みがあったり、ひどいときは一時間に何度もトイレに行きたくなったりと、ストレスになりやすい病気です。
≫ 『女性の膀胱炎』

クラミジアの治療

クラミジアの治療

クラミジアはよくある性病の一つで、感染者も多いため、何らかのきっかけで性病をうつされたときはこのクラミジアというケースも珍しくありません。
症状などから感染の可能性が高いときや、感染したかもと思うときは早めに治療を考えるといいです。
クラミジア治療には抗生物質を使うため、市販薬での治療は難しく、基本的に病院の受診となります。

そして病院受診すればすぐに抗生物質をもらえるかというとそうではなく、まずはクラミジアの検査を受けることになります。
本当にクラミジアかどうかは問診などだけではわからないため、検査を行うのです。
≫ 『クラミジアの治療』

駅近での性病の診察

駅近で性病の診察は受けられる?

性病になったとき一刻も早く治したい方も多いでしょうが、時間に余裕のある方ばかりではありませんよね。
性病の診察もできれば新宿駅の駅近でやりたい方も多いでしょうが、このエリアには多くの病院があり、性病の診察をしている病院もありますからそれも可能です。
適切な病院を選べば駅近で性病の診察や治療ができますから、知っておくといい病院をいくつかご紹介しましょう。
≫ 『駅近での性病の診察』

尿漏れの診察

尿漏れがあるときは

尿漏れとは、自分の意に反して尿が漏れてしまうことです。
小さい頃はそのようなことも多くの方が経験するでしょうが、成長とともに尿漏れはほとんどなくなっていきます。
しかし尿漏れなどがほとんどなくなった方でも、何らかの原因で尿漏れの症状が出ることもあるのです。
命に関わる症状ではないものの、社会生活を送る上で大きな障害となりやすく、外出が怖くなるなど大きな影響が出ることも珍しくありません。
この症状の改善は難しいのかというと、実は病院で治療することで改善する例もあります。
泌尿器科で診察を行っており、そちらで医師に相談することで改善する場合もありますから、悩んでいる方は病院の診察を受けてみるといいでしょう。
≫ 『尿漏れの診察』

腎盂腎炎について

腎盂腎炎に注意

腎盂腎炎とは泌尿器の病気の一つですが、特に女性はこの病気のことを知り、しっかり警戒しておくといいです。
これは何かというと、細菌が腎臓近くにまで達して起こる病気で、高熱や腰痛などの症状が現れます。
この病気についてよく知っておきたいのは、これは女性がなりやすい膀胱炎の治療が遅れると起こることがあるためです。
膀胱炎とは膀胱内で細菌が繁殖することで起こる病気で、尿道が短いためにどうしても細菌が侵入しやすい女性は膀胱炎になりやすいのです。
≫ 『腎盂腎炎について』